嫌な顔をせずにやってくれるのがアラフォー女性の良いところ

色々なことを経験してきたアラフォー女性といると心が落ち着きます。男性が疲れていることを察知するのが上手いので、静かにしてくれるのです。そして、男性がお腹が空く前に食事を作っておいては、「お腹空いたでしょ?食べよ」と言ってくれるわけです。

お酒が飲みたいということも察知し、その男性が熱燗が好きなら何も言わなくてもそのようにして出してくれたりします。それに合うおつまみも作っては、「食べて」と言って出してくれたりするのも、アラフォー女性の気がきくところなのです。

脚が疲れていれば揉んでくれたり、肩がコっていれてば静かに揉んでくれるのもアラフォー女性の良いところだったりします。靴が汚れていれば綺麗に磨いておいてくれてくれるのも、男性のことを考えることができるアラフォー女性ならではです。

あまりしつこくするのが嫌いなアラフォー女性といれば、男性は癒されます。人のことを考えることができるので、自分がやられて嫌だと思うことをやらないのです。

でも、男性から頼まれたことはしっかりとやってくれるのはアラフォー女性ならではです。疲れていてもやってくれて、助かるのです。お姉さん的なところがあり、人の頼まれたことをやってあげたいというところがあるのが、このアラフォー女性の特徴でもあります。

自分が疲れていても嫌な顔をせず、男性に付き合ってくれるものです。そして、男性にお酒を注いでくれたりして、男性を盛り上げてくれるのです。

独身アラフォー女性は魅力満載orゼロの真っ二つ!

独身アラフォー女性は、””既婚である””ことしか誇れることのない女性に、ネット上でやたら叩かれています。
家庭が上手くいって満ち足りていれば他人を見下すことはしないので、既婚でもよほど不幸なのでしょう。
いつまでも綺麗で外で活躍している姿に嫉妬しているとしか思えません。

実際、生き生きとして働き、社会的地位も稼ぎもあるアラフォー女性は、同性から見てもとても魅力的です。
ずっと仕事に打ち込んできたデキる女性は、結婚どころじゃなかったんだろうなと思えるし、独身でもたいがいパートナーは存在します。
そんな女性たち最大の魅力は、自立していること。
男性並みにお金を稼ぐことは決して容易ではなく、気持ちもタフな人が多いです。
と同時に、社会で揉まれ闘い続けてきた女性特有の余裕があります。
専業主婦には絶対に手に入れられないもので、独身アラフォー女性を妬む既婚者はこの点に敗北感を感じているのでしょう。
能力や知性が磨かれ経験値が高いのは、何ものにも代えがたい勲章だと思います。

一方「だから独身なのね…」と思わざるを得ないようなアラフォー女性も少なからずいます。
優秀で出世していく上記のような女性に対し、こちらのタイプはまさにお局様。
自分のことは省みず理想ばかり高いので、取り残されてしまった感のある人たちです。

結婚は個人の意志が尊重されるもの。
独身でも既婚でも、他人がとやかく言う筋合いはありません。
でも同じ独身アラフォー女性なら、やはり前者のタイプのようにキラキラ輝いている方のほうが素敵ですね。

独身アラフォー女性の婚活について思う事など

私の知人に独身アラフォー女性が居ます。私にとっては頼れるお姉さんという存在です。ですが、独身のせいなのか分かりませんが、時々穏やかじゃなくて余裕が無いのか、キツい口調になってしまう事がある様です。

特別独身だからヒステリックというわけではないかと思いますが、上手く説明出来ませんが、明らかに既婚女性とはちょっと雰囲気が違う気がするんですよね。私の勝手な憶測かもしれませんが、やっぱり伴侶や家族が居るのと居ないのとでは、穏やかさに差が生じてしまうのかなぁって思います。

守る家族が居ないせいなのか、若干冷たいのかなぁと感じる事が何度かありました。でも根は凄く良い人だと思うんですけどね。

私の知人の独身のアラフォー女性は、恋愛面に関してはあまり積極的じゃない気がします。というより、寧ろ諦めモードが入っていそうな気さえします。でも、人それぞれですからそれはそれで良いと思います。ただ、恋人が居たらもっと人生楽しいかもしれないと思うと勿体無い気がします。

逆に、ブログ等で独身アラフォー婚活日記等を時々見ていますが、文面からもどことなくガツガツしている雰囲気が伝わってくるんですよね。そして、その女性はやっぱりという感じで、ことごとく婚活を失敗しています。

失礼かもしれませんが、女性は出産の事を考えるとアラフォーという年齢ですから結婚に焦る気持ちになるのかなぁって思います。ガツガツしている恋愛ですが、やっぱり人生経験豊富なので、話が面白いのが魅力です。

「仕事と結婚、どっちが大切なの?」と自分に問いかけるのも大事

ひと昔前は、「仕事とわたし、どっちが大切なの!?」という台詞は、女性が男性に向ける台詞でした。父権制が色濃く残り、男性中心社会だった頃です。いまもまだ大企業のエグゼクティブや政治家などは男性の比率が高いです。ですが、フェミニズムの一言では片付かないほど女子の社会進出が目覚ましいのも事実でしょう。

もちろん独身アラフォー女性といってもさまざまです。ですが統計から見えてくることもあります。厚生労働省が発表している「平成23年人口動態統計月報年計(概数)の概況:結果の概要」によると、平均初婚年齢は年々上昇していて、23年時点で女性の平均初婚年齢は29歳となっています。アラサーで結婚がごく当たり前。アラフォーでもわりと普通という時代がすぐそこまで迫ってきています。

統計にここまで反映されるということは、それなりの理由があるということでしょう。おそらく独身アラフォー女性の社会的地位の高さ・収入の高さ・貯金の多さなどが影響しているようです。収入がない、もしくは極めて少ないのに独身でいるのは難しいからです。

もちろんそれだけの収入を稼ぎ出すのですから、男性と同等かそれ以上の職位に就き、大きな仕事を任されていることでしょう。そのやりがいのある仕事に熱中するあまり、二十代、三十代があっというまに過ぎていく、という現象に繋がっているのではないでしょうか? 仕事はもちろん大事です。収入がなければ生活はやっていけません。仮に婚活をするにしても、恋人をつくってデートするにしても、ある程度の資金が必要なのは厳然たる事実。

けれど「仕事と結婚、どっちが大切なの?」と自分に問いかけるのも大事かもしれません。

素敵な部屋で優雅に休日を過ごす独身アラフォー女性

独身アラフォー女性の休日は、家の中で過ごすことが多いものです。そんな家の中で過ごすアラフォー女性は寂しいかと思いきや、意外と楽しんでいるものなのです。

その部屋のインテリアを自分好みにしては美しい部屋にアレンジして、優雅に過ごしているのです。照明をシャンデリア風なものにしてはゴージャスなイメージにしたり、テーブルを輸入家具などにしていたりします。

そして、そこで豪華なティーカップなどに紅茶を入れて、ケーキを食べてはティータイムを過ごすわけです。観葉植物などを置いては水をあげたりもします。その観葉植物の日々の成長を見るのが楽しみでもあり、成長する過程を見てはパワーを貰っているわけです。

独身アラフォー女性はぬかりがありません。買ってきた大根やニンジンの葉を無駄にしないのです。そこを綺麗にカットしては水の入った容器に入れます。そして、日当たりの良い窓辺に置いては成長させ、食べるのです。

今ではちょっとした日差しが当たる場所で野菜を育てることができるグッズがありますから、それを買ってきてはミニトマトやカイワレ大根などを作り、楽しんでいたりするのです。

ヨガやウォーキングなどをしては運動も取り入れていたりします。ウォーキングマシーンなどを買っては休日の運動不足を解消しているのです。ヨガのDVDも買い、それを見ながらマットの上で優雅にヨガをやっては、ストレスを解消していることもあります。

潤うフェイスマスクなどもしてはお肌の手入れを休日にたっぷりとし、元気良く月曜日の出勤に備えて休日を過ごしていたりするのです。

独身アラフォー女性だからといってそれを意識し過ぎない

独身アラフォー女性が結婚をしたいのなら、とにかく変に心持ちを変えないことが大事だと思います。独身アラフォー女性ともなると、いろいろと心持ちが若いころとは変わりやすくなってしまいます。それは「男なんて」とやさぐれてみたり、同世代の既婚女性を僻んでみたり、仕事に打ち込むことで結婚のことを考えないようにしたりなどです。そうして結婚について変に心持ちを変え過ぎてしまうと、本当に結婚がどんどん遠のいてしまいます。心の素直さがなくなってしまうと、男性は近付き辛くなってしまいます。

しかし、独身アラフォー女性でも心持ちをほとんど変えずに自分らしく生きていると、あるときポッと現れた男性からプロポーズされて結婚へ至るということがあります。そんなシンデレラストーリーがあるのかと疑いたくなってしまうかもしれませんが、世の中にはそうした例がとてもたくさんあります。独身アラフォー女性ということを意識し過ぎてしまうと、自分らしさがどうしてもなくなってしまいます。結婚には運不運があってタイミング的に遅くなってしまうこともありますが、それが何もすべて悪いというわけではないのです。

ですから、独身アラフォー女性だからといって意識し過ぎないほうが絶対良いですし、女性としての魅力が失われているわけでは決してないのです。それをわかって日常生活を送るのとそうでないのとでは態度が雲泥の差で違ってきますので、独身アラフォー女性にはぜひともそれを知っておいて欲しいです。